履歴書書き方を知っておいた方がいい理由

履歴書書き方で問われる人間性

 

 履歴書は、用意されている項目を淡々と埋めていく、という印象が強いかもしれません。履歴書用紙自体はどこでも手に入りますから、職務経歴書よりもそうしたイメージが定着しているでしょう。

 

 しかし、履歴書にもクリアしておきたい書き方が存在しています。細かいところまで見ていけば、「そこまで気にしておく必要があるの?」という声が聞こえてきそうなほど。

 

 こうした履歴書書き方を知っておいた方がいい理由は、この書類1枚で人間性が問われてしまう可能性があるからです。人事担当者は転職希望者と違い、頻繁に履歴書を見ています。それを見る力、そこから人間性を見抜く能力も身に付けているはず。

 

 それを考えれば、本当に些細な部分にこそ意識を集中させて書き上げなければならないことは、容易に想像できるのではないでしょうか。

 

複数の書き方を参考にしてみよう

 

 履歴書書き方の重要性を把握することができたら、今度は実際に書き方そのものを知る行動に出なければなりません。

 

 履歴書書き方自体は個人や応募業種・職種、企業などによっても少々変わってくるものであり、全ての人にピッタリと当てはまる型のようなものは恐らくありません。転職サイトやセミナーなどで紹介されている履歴書書き方を参考にするのが一般的。

 

 できれば、複数の書き方をチェックし、どれが自分や応募企業に合っているのかを整理してから書くようにしましょう。そうすることで、誰とも違うオリジナルの書き方ができ、人事担当者に対する何かしらのアピールにも繋がるかもしれません。

 

 

【関連記事】


トップページ 転職を決めたら5つの流れを確認 おすすめ転職サイト