応募書類の核である志望動機で猛アピール

志望動機で触れておきたいこと

 

 できるだけ悩んでもらいたい志望動機。しかし、悩めば悩むほどわからなくなるのもこの項目。最低限触れておきたいこと、これをとりあえず押さえておきましょう。

 

 企業へどのような思いを抱いているか、これを書かずに志望動機とはなりません。まさに、「志望する動機」の中心的役割を果たすのがこの部分となります。

 

 自分が思い描いているキャリアを、これまでのキャリアでどう構築していくかも志望動機には書いておきたいところですが、それを実現するのが応募企業である、という表現も必要となってくるでしょう。

 

 企業への思いの部分とは少し違い、キャリアと照らし合わせることで、よりわかりやすい志望動機とする必要が出てきます。

 

志望動機のチェックポイント

 

 志望動機がしっかりと書けているかどうかを第三者に判断してもらうのもひとつの有効手段ではありますが、その前に、もう一度自分で読んで、どこかに問題がないかをチェックしておきましょう。

 

 「どうしてその企業でなければいけないのか」、「他の企業を志望した場合との差はどこにあるのか」、「書かれている内容が気持ちなどの心の部分に偏っていないか」といったことを、自分自身の書いた志望動機に対して問いかけてみましょう。

 

 「他の企業にも当てはまってしまうかもしれない」、「抽象的な部分が多い」と感じたら書き直さなければなりません。こうしたチェックを繰り返し、パーフェクトな志望動機を作り上げていきます。

 

【関連記事】


トップページ 転職を決めたら5つの流れを確認 おすすめ転職サイト