職務経歴書で力を入れておきたい部分とは

仕事内容と役割などを確認

 

 応募書類の見られるポイントというのは、基本的には企業が求めているような人間であるかどうかの部分。職務経歴書では、これまでこなしてきた仕事内容と、担ってきた役割、これらが重点的に見られることになるでしょう。

 

 仕事内容には、勤めていた会社やその規模、業種なども含まれます。担ってきた役割は役職や実績など。これらに加えて、資格を持っていた方が仕事の幅が広がるような職種であれば、それももちろん見られるポイントとなるでしょう。

 

 単純に会社の知名度や規模、業種だけではなく、そこでどんな仕事をこなし役割を与えられてきたかや、単純に持っている資格だけではなく、それを働く中でどう活かしてきたか、ここが最もアピールしたい部分となります。

 

履歴書などとの整合性を確認

 

 職務経歴書は、履歴書とふたつでひとつ、そう考えておいてください。履歴書にも簡単ではありますが職歴や資格を記載するはずです。職務経歴書を見た時にそれとの整合性がなければ、当然、人事担当者の頭の中にはクエスチョンマークが浮かび、信用していいのかどうかがわからなくなってしまいます。

 

 志望動機はどちらか一方の書類、多くの人は履歴書に書くと思いますが、その内容と職歴とに整合性が感じられない場合にも、悪い印象を与えてしまうことがあります。

 

 人事担当者は、履歴書に書かれた志望動機を職務経歴書によって具体的に受け取ろうとするわけですから、書く側も2枚の書類を見比べ、照らし合わせながら書いていかなければならないのです。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職を決めたら5つの流れを確認 おすすめ転職サイト