面接マナーで不採用とならないために

人事担当者が気にするマナーはどこ?

 

 マナーと一言で表現しても、どこが気になるのかは人それぞれです。企業の人事担当者にも同じことが言え、採用にどれほど響くかは人それぞれ異なってくるでしょう。それでも多くの人事担当者が気にするマナーを知っておいて損はないはずです。

 

 態度や仕草、癖などといった部分は、多くの人事担当者がチェックしています。単純に態度が悪いだけではなく、仕草が落ち着かず、面接に集中できていない人はマナー違反とされてしまうでしょう。

 

 話し方にもこれは言えること。言葉遣いだけに留まらず、語尾や話すスピード、口元や声の大きさなどにどこか癖や不快な点があればマナーに欠けると思われてしまうようです。

 

 表情、挨拶、身だしなみ、目線。これらも人事担当者が気にするマナーに関するポイント。しっかりとチェックしておきましょう。

 

マナーは頭ではなく身体で覚えるもの

 

 マナーを身に付けて面接に挑むのは当たり前。しかし、この「身に付ける」の部分を、「頭で理解する」と解釈している人は少し危険かもしれません。

 

 「身に付ける」わけですから、頭ではなく身体で覚えていなければ、マナーを身に付けている姿を人事担当者に示すのは難しくなるでしょう。

 

 頭で理解しただけの状態で面接本番に臨めば、他のこと、例えば質問にどう答えるべきかなどに集中できなくなり、アピールし損ねる場面も出てきてしまうかもしれません。それでは全く意味がない。

 

 マナーは意外と奥が深く、身に付けるのも大変なのです。転職したいと思った時には気にし始め、面接時には完璧に身に付けておくようにしましょう。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職を決めたら5つの流れを確認 おすすめ転職サイト