こんなにある面接時のNG

絶対に受かるはずのないNG集

 

 面接の中で転職希望者がこれをしてしまうと、採用はほぼ100%ないであろうと思われるNGをまとめてみます。

 

 遅刻、これはもうどうしようもありません。でも、常に日本のどこかに転職のための面接に遅刻する人はいますから、ベタではありますが、NG集の筆頭と言ってもいいでしょう。

 

 暗い、これもまず採用されません。表情の変化に乏しく、声も小さい。返事は声よりも頷き中心で発する言葉がネガティブなものばかり。これでは転職は遠いままでしょう。

 

 落ち着きがない、これもNG。緊張しているせいかもしれませんが、ここは面接対策などでしっかりと克服しておかなければなりません。身体の動きだけではなく、話し方などにも特有の癖がある場合には、ほとんど採用されないと思っておくべきです。

 

よかれと思ってしてしまいがちなNG集

 

 面接では、よかれと思っているけれども、面接官からしたら良い印象を抱けないNGも存在しています。

 

 その筆頭は、ニオイではないでしょうか。香水の付け過ぎには要注意です。面接というのは予定された時間があります。必至でアピールしようと、その時間を超えてまで話し続ける人もいるようですが、これもNG。結果は裏目に出てしまうので気を付けましょう。

 

 明るさやポジティブさを勘違いし、面接官に馴れ馴れしく接することもNGです。良い印象を与えたいのはわかりますが、初対面でこのような態度はいい気がするはずもありません。NG集に入れておきましょう。

 

 

【関連記事】


トップページ 転職を決めたら5つの流れを確認 おすすめ転職サイト