転職の成功の鍵を握る円満退職

円満退職に必要なものとは

 

 退職を試みる前に、それに必要なものを用意しておきたいのですが、できればそれが可能な限り円満なものとなるように準備をしておきましょう。

 

 何よりも時間の確保をしておくこと。人によって状況が違うことも理解はできますが、円満退職とするには通常数ヶ月間の期間が必要となります。

 

 退職理由、これも円満退職のために用意しておきたいもの。この理由ひとつで会社関係者などとの関係や雰囲気が変わる可能性があるため、それを考慮にいれながら理由を考えておきましょう。

 

 そして、気持ちです。円満退職というのは感謝の気持ちがあってこそできるもの。退職に至る経緯によってはそれが難しい場合もあるでしょうが、それでも最後は気持ちを込めて各手続き等を行っていくのが社会人というものです。

 

円満退職しないことで起こり得る弊害

 

 退職できればそれでいい、と考える人もいるかもしれません。確かにそういったケースもあるでしょうし、会社事情で退職や転職をせざるを得ない場合も、あまり円満退職を考えることはしないでしょう。

 

 しかし、仮に円満退職をするべき状況で、そうなることを無視すると、結構面倒なことが起きる可能性も出てきます。人間関係や会社との関係の悪化、これは転職活動自体にも悪影響を及ぼすことがありますし、転職後にもそれが響く可能性もゼロではないのです。

 

 同業や同種への転職の方が多いと思いますが、そういった人は特に退職時の状況がその後にも繋がることがあるので、やはり円満な退職を心がけることは重要なのかもしれません。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職を決めたら5つの流れを確認 おすすめ転職サイト