転職を決めたら5つの流れを確認

 あっさりと転職してしまう人もいるから面白い。しかし、それとは逆に、転職活動に半年や1年という月日を費やす人も実際にいます。その人たちの違いは何なのか。実績や年齢だけではないのかもしれません。転職というものの本質をどこまで見抜き、知り尽くしているのか。どうやら、これが求められるようです。

 

 

まずは転職活動の準備をする

 準備も何もせずにいきなり求人情報に目をつけ、転職活動をスタートしようとしていないでしょうか。これは転職について何も知らない人がやってしまいがちな早とちりです。そうではなく、まずは準備をすること。詳細な計画、堅い決意、時間やお金などの確保。これらをせずして転職活動は始められないのです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

最重要課題の求人情報収集

 転職活動で最重要課題となるのが、求人情報の収集です。最重要というだけあって、これが本当に難しい。欲を出せばキリがなく、しかしそれではライバルも多いため可能性がグッと下がってしまう。しかも、求人の表面には良いことしか記載されていません。本質を見ることも意識しつつ、情報集めに尽力しましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

応募書類作成には時間と労力をかける

 時間と労力を掛けなければ良いものが書けないのが、履歴書と職務経歴書というもの。どちらが重要というわけではなく、どちらも重要な書類。書式、字の美しさなどにも注意しましょう。これらは内容と同じくらい、書類をチェックする人の印象に残ります。「これでいいや」と投げやりな完成品では通用しないと思っておきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

他の人との違う受け答え

 転職を希望する人に対する質問にはお決まりのものがいくつかあります。しかし、その質問に対する予習は多くの人がしています。大事なことは、そのお決まりの質問に対して、どう「お決まりではない答え」を返すか。それがあなたという人間に個性をもたらし、他の人との違いを鮮明にしてくれるはずです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

入社の前に円満退職

 会社は契約によっての結びつきもありますが、結局は信頼関係によって成り立っている側面が大きいでしょう。退職は、それを最も感じさせてくれる瞬間です。退職する側もその信頼関係を最後まで壊さずに会社を去らなければなりません。入社を考える前に、まずは滞りなく退社を行うようにしましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 


トップページ 転職を決めたら5つの流れを確認 おすすめ転職サイト